痛みと音楽の関係性

最近、痛みに対して「音楽」に注目が集まっていることから詳しい内容を調べる為に論文検索を行ったところ2つの論文報告を見つけることができましたのでご報告したいと思います。

  1. 手術後の痛みが音楽で軽減する
    その論文には、意識がある場合により効果が大きく全身麻酔を受けた患者でも効果があり音楽の種類は関係がないと報告されています。*1
  2. 歌なしの音楽は高血圧を抑え、単なる安静よりもモーツァルト等のクラシック音楽が有効*2

以上より、音楽は痛みの管理に関して有効である可能性が示唆されています。
音楽に副作用が生じる事はまずないので、痛みに悩まれている方は音楽による疼痛軽減を試されることも良いと思います。
野中腰痛クリニックでも、治療中に音楽を利用して患者様が心地良く過ごせる空間づくりを心掛けています。


参考文献 参照元

※参考論文および文献※

*1:Hole J,Hirsch M,Ball E,et al:Music ad an aid for postoperative recovery inadults : a systematic review and meta-analysis. Lancet 386:1659-1671,2015.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26277246/

*2:Trappe HJ, Voit G : The Cardiovascilar Effect of Musical Genres, Dtsch Aeztebl Int 113 : 347-352, 2016.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27294814/


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。