ぎっくり腰とは?

医学用語では、非特異的な急性腰痛と言いますが、ここでは分かりやすく『ぎっくり腰』で説明します。
2013年日本整形外科学会の腰痛診療ガイドラインでは、ぎっくり腰とは『腰の痛みが出現してから4週間未満のもの』と定義されています。


ぎっくり腰の原因は?

原因は椎間板ヘルニアや腰の筋肉や関節の外傷である可能性が高いとされていますが、さまざまな検査をしても、原因がはっきりしないことも多いです(検査精度の限界)。


ぎっくり腰では病院に行かなくていいのか?

まれですが、ぎっくり腰の原因に危険な病気が隠れている事がありますので、以下の様な場合には注意が必要です。
注意が必要なぎっくり腰=病院に相談すべき、ぎっくり腰

  1. 足の痛みを伴うぎっくり腰―これは神経障害が生じている場合
  2. 若い人に生じたぎっくり腰―これは骨折(分離症)の可能性がある場合
  3. 発熱を伴うぎっくり腰  ―これは感染症が関与している可能性がある場合
  4. ステロイド内服中のぎっくり腰―これは骨粗鬆症による骨折の可能性が高い場合
  5. 安静時(横になっている時)にも悪化するぎっくり腰―内臓の病気の可能性がある場合

ぎっくり腰になったら安静にしないといけないは正しいのか?

多くの論文や研究報告では、『一般的な安静指示は有効な治療法とはいえず、痛みに応じた活動性維持が、疼痛を軽減し、機能を回復するのに有効である。』とされています。
簡単に言いますと、『痛みがあっても、動ける範囲で動いた方が良い。』という事です。
また同時にぎっくり腰には痛み止めを使用した方が良いとされています。
患者様から痛み止めはごまかしているだけだから使いたくないとお聞きすることもありますが、痛み止めの薬を使用した方が慢性疼痛を予防できるので有効だとのエビデンスが出ていますので、安心して痛み止めを使用してください。
またコルセットはできるだけ使用しすぎない様にすべきだとされていますが、再発予防には有効だと考えられていますので、重たいものを運ぶ等の時に予防目的で使用する事は良いと考えられています。
結論は、過度の安静は必要なく痛み止めの薬を使用し、動ける範囲で動いていくことが大切となります。


参考文献 参照元

※参考論文および文献―
①vanTulder MW,et al:Nonsteroidal anti-inflammatory drugs for low back pain:a systematic review within the framework of the Cochrane Collaboration Back Review Group.Spine25:2501-2513,2000)
②Roelofs PD,et al:Nonsteroidal anti-inflammatory drugs for low back pain : an updated Cochrane review.Spine33:1766-1774,2008
③Chou R,et al:Medications for acute and chronic low back pain :a review of the evidence for an American Pain Society/American College of Physicians clinical practice guideline.Ann Intern Med147:505-514,2007
④Chow R,et al:Diagnosisi and treatment of low back pain:a joint clinical practice guideline from the American College of Physicians and the American Pain Society.Ann InternMed 147:478-491,2007

研究報告記事のリンク
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsnr/35/2/35_20120416009/_pdf

参考文献のリンク
https://journals.lww.com/spinejournal/Abstract/1993/01000/Does_Microscopic_Removal_of_Lumbar_Disc_Herniation.5.aspx
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/3162135/
https://thejns.org/view/journals/j-neurosurg/69/1/article-p61.xml


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。