患者様の情報

70代 女性

病名


患者様の状態

10年以上前より脊柱管狭窄症による足の神経痛は自覚されておられましたが、最近は常に激しい神経痛が出現するようなられました。内服薬での治療を受けられるも改善がなく、今回ご友人から当院を紹介されて受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、3箇所の椎間板がつぶれ足の神経も強く圧迫を受けている状態で、脊柱管狭窄症と呼ばれます。


施術内容

DST法

椎間板に対して検査を行い、腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所に対してDST(ディスクシール治療)を施行しました。

治療の様子を見てみたいとのご希望から局所麻酔のみで治療を開始しております。

椎間板が潰れている為、治療用の管を挿入する際に大きく変形させております。DST(ディスクシール治療)の場合は管の形状を工夫する必要があります。

患者様にも分かりやすく検査の様子をご説明しているところです。

検査の様子です。この後DST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は18分。痛みも無く治療終了しております。


院長より一言

当院での治療総数はまもなく4,000件に到達致します。改善した患者様より、新たな患者様をご紹介頂くことで、コロナ禍の厳しい状態でも患者様が途絶えること無く活気に満ちた診療をすることが出来ました。今一度、ご紹介をして頂いた患者様に感謝を申し上げます。またコロナ感染が落ち着いてまいりますと、外来患者様の急増が予測されます。当院としては診療担当医の拡充を図り、患者様にご迷惑をおかけしない様に配慮を尽くしておりますが、診察予約の日程に制限が生じる場合(予約がなかなか取れない場合)もあります。私も1.5倍速で診療を頑張っておりますので、ご理解を頂きたく存じます。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。