患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

令和3年12月頃より、5分程歩くと両足に痺れが出現するようになり、休み休みでしか歩行ができない状態になられました。
様子を見られるも改善が無い事から、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって左側がお腹側、右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
このMRI写真では複数の椎間板が薄くなっており、足の神経も圧迫を受けております。
この様な状態を脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

損傷した椎間板に対してDST(ディスクシール治療)を行い、脊柱管狭窄症によるシビレの改善を図ります。
今回は腰部椎間板L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの5箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

今回は鎮静剤のご希望がありましたので、静脈麻酔を用いて寝ていただきました。
この写真は椎間板まで治療用の管を挿入しているところです。

治療用の管が良い位置に来るように微調整をしているところです。

椎間板の検査を行っている動画です。
この後DST(ディスクシール治療)を行っております。

患者様は治療後すぐにお目覚めになられ、2時間後には歩いて帰宅されています。


院長より一言

本日はDST(ディスクシール治療)後、約3年経過された患者様が来院されました。
8割程度まで腰痛と下肢の神経痛が改善し、歩行距離も伸びているのですが、足裏の痺れが残っているとの事でした。
MRI検査では改善を認めましたが、足裏の痺れに関しては後遺症になっていると判断いたしました。
この様な神経に生じた後遺症に関しては、治療が難しく今後の課題であると思っております。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。