患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

若い頃より腰痛発作(ぎっくり腰)を繰り返されていましたが、自然に改善する為、様子を見られていました。
その後、臀部から右足にかけて神経痛としびれが出現するようになられ、徐々に悪化し、ゴルフなどのスポーツも楽しめなくなってきたために当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ております。
向かって右側が背中側、向かって左がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しおります。
また腰椎と椎間板の傍を足の神経が通っています。
このMRI検査では箇所の椎間板が薄く潰れており、足の神経も圧迫を受けている状態です。
この様な状態を脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

薄く潰れた椎間板を検査しDST(ディスクシール治療)を行う事で、症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

鎮静剤を使用し、寝ていただいた後に、部分麻酔を用いて治療用の管を椎間板まで挿入しております。
椎間板の隙間が狭く少々苦労致しました。

椎間板内の検査を行っております。

椎間板の検査を行っているところです。
この後DST(ディスクシール治療)を行いました。

治療時間は16分であり、治療直後にお目覚めになられました。


院長より一言

10月に渡米の予定が入りそうです。
DST(ディスクシール治療)に関する知見共有とライセンス更新の為に2泊4日でカルフォルニアに行き、会議に参加を予定しております。
チームのメンバー医師(山崎医師)も同伴し研鑽を深めてもらうつもりです。
もちろん日本での治療データも報告するつもりです。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)