患者様の情報

90代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症
  • 変形性腰椎症

患者様の状態

以前より腰痛を自覚されていましたが、最近になり右足の前面から、右股関節付近の疼痛が出現するようになられました。特に歩く際に神経痛が出現し、日常生活に相当の支障が生じる為に当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側となります。腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、足の神経が通る部位を脊柱管と言います。
このMRI検査では複数の椎間板が潰れており、足の神経も圧迫をうけており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

潰れた椎間板に対して、検査およびDST(ディスクシール治療)を行い、神経症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの5箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様にうつ伏せに寝ていただき、どのようなアプローチで治療を行うか最終確認を行っているところです。
治療を円滑に行うためには。アプローチ方法を決定しておくことが非常に大切です。

レントゲン透視装置を用いて、腰の状態を常に観察し、神経に触れない様に工夫しながら、検査の準備を進めていきます。
この写真では、治療用の管を椎間板まで挿入しているところになります。

治療用の管が挿入された後は、管の位置を複数の角度からレントゲン透視装置を用いて確認をし、DST(ディスクシール治療)を行いました。

治療に当たっては、準備が非常に大切であり治療の成否にも左右されます。


院長より一言

本日のブログでは、治療準備について記載させて頂きました。
ロシア―ウクライナ問題でも、ロシア軍の兵站や準備不足が問題視されておりますが、医療行為も同様に、治療前のアプローチから患者様ごとに異なる腰椎の変形等々を想定しておくことが重要だと考えております。
実際に私も10年以上前にはなりますが、準備不足の為に苦労し挫折しかかったことも多々ありました。
基礎技術の成熟がなければ、欧米で開発されている新たな治療方法の習得も不可能であったと思います。
今後も引き続き技術の研鑽に励みつつ、新たな治療方法の導入を試みたいと考えております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。