患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

以前より、足のしびれと臀部の痛みを自覚されておられましたが、症状が軽い為に様子を見られていました。
最近になり少し歩くと痛みが出現し、休み休みでないと買い物にも行けない状態になられた事から当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んでできており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、脊柱管と呼ばれています。
このMRI検査では明らかに潰れた椎間板が複数観察され、足の神経も圧迫を受け脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

潰れた椎間板に対して、DST(ディスクシール治療)を行う事で損傷した椎間板を修復し、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の緩和を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様の腰の状態をレントゲン透視装置を用いて、常に観察しながら治療を行います。
今回は鎮静剤は使用せず、局所麻酔を用いての治療となりました。

治療用の管を椎間板まで挿入し、検査を行っている動画です。
椎間板の損傷部位が黒く映っております。
この後すぐにDST(ディスクシール治療)を行いました。

治療後1時間30分程で歩いて頂きましたが、下肢のしびれと臀部の鈍痛が5割程度改善しておりました。
経過を見つつ、さらなる改善が期待されます。


院長より一言

本日、患者様より「腰の治療は早めにした方がよいのですか?」とご質問を頂きました。
私は、早めに診察を受け適切な対処をすることが大切と考えております。
軽症の患者様には、まず保存的治療(リハビリや鎮痛薬等)を推奨しておりますし、腰痛ガイドラインでもそのように記載されています。
しかし、保存的治療でも改善が無い場合には、椎間板治療や外科的手術などの介入を行うべきと考えております。
実は私自身、穿刺して治療するような椎間板治療はあまり好きではなく、どちらかというと保存的治療で済むのであれば、それがベストだと考えており、外来でも常々そのようにご説明しております。
当院では、遠隔画像相談を用いて保存的治療や椎間板治療を含めた適応に関してアドバイスをさせて頂いております。
腰痛や神経痛でお悩みの患者様がおられるようであれば、遠隔画像相談をご活用いただければ幸いです。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。