患者様の情報

50代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

昨年3月頃より腰痛と下肢のしびれが出現しはじめ、歩く動作や立位を続けると症状が悪化する状態となられました。
超音波などの保存的治療を行われるも、改善の傾向が無い為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
このMRI写真では2箇所の椎間板が黒く映っており、飛び出した様な変形をしており椎間板ヘルニアと呼ばれる状態になっております。


施術内容

PLDD法

椎間板の容量は保たれている事から、今回は腰部椎間板L4/L5、L5/Sの2箇所にPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)が適応と判断いたしました。

患者様より「寝ている間に治療をしてほしい」とご希望がございましたので、鎮静剤を使用し、しっかり寝ていただいた後に治療を開始いたしました。
熟睡されています。

寝ていただいた後は、局所麻酔も併用しながら治療用の管を椎間板まで挿入致します。

椎間板の中を、このようなレーザー照射を用いて治療しました。
治療時間は15分でした。
患者さまは治療終了後、すぐにお目覚めになられております。


院長より一言

当院では椎間板ヘルニアに対してPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行う事もありますが、症状が軽い場合には腰痛特化型のリハビリ指導も行っております。
整体院などでは通い続ける必要があり、キリがない事が多いのですが、当院では自分で継続可能なリハビリの方法を覚えていただく事を主眼としており、卒業形式のリハビリ指導を疾患の状態により個別対応しております。
腰痛特化型リハビリ指導はリハビリ専門医と共に行っており、随時受付しておりますので、ご用命いただければ幸いです。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。