患者様の情報

40代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

10代の頃より腰痛発作を繰り返されていましたが、安静にすることで自然軽快するような状態が続いておられました。
しかし1年前より腰痛と坐骨神経痛が出現し、安静にしても改善が見られない状態となられました。
内服薬での鎮痛治療を行っておられましたが、改善が無いため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間には椎間板と呼ばれるクッションが存在しております。
また足の神経も腰椎と椎間板の傍を通っています。
このMRI検査では明らかに椎間板が飛び出した様な変形を伴っている部分が見られます。
椎間板の容量は保たれていますが、椎間板ヘルニアと呼ばれる状態です。
坐骨神経痛の原因と診断します。


施術内容

PLDD法

椎間板ヘルニアに対して、椎間板内の減圧治療としてPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行います。
今回は腰部椎間板L4/L5の1箇所にPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行いました。

局所麻酔を用いて痛みを取り除いていきます。
流通する中で最も細い注射針で行っております。

治療用の管を挿入したところを撮影しております。
椎間板のヘルニア近傍に管の先端を留置しております。

レーザー治療中の様子ですが、患者様にもご説明しながら治療を行っております。
また治療中に痛みを感じられることはありませんでした。
本日は1箇所の治療であり、治療時間は11分程度でありました。


院長より一言

中等症の椎間板ヘルニアに対するPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)の有効率は85%前後となっております。
PLDDは古くからある治療ですが、リスクが極めて低く、有効率も70%以上で日帰り治療も可能である事から、海外では任意保険が認められております。
日本では残念ながら保険診療外となっておりますが、その昔、PLDDを広められた丸茂先生と整形外科学会との間で騒動があり、厚生労働省への申請ができなかったと聞き及んでいます。
当院では患者様の状態にあわせ、最善の結果が得られるように、新旧組み合わせた治療法を提案しております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。