患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

10年ほど前に脊柱管狭窄症と診断されていたが、足の痛みやしびれはそれ程強くなかったため様子を見られていました。
しかし、2~3年ほど前より坐骨神経痛としびれが強くなり、歩くと痛みが出現する「間欠性跛行」と呼ばれる状態になられました。
内服薬での治療を行われましたが、改善が無いことから当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んできており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っています。
このMRI写真では、複数の椎間板が潰れかけており、飛び出した様な変形(椎間板ヘルニア)を認めます。
また足の神経も圧迫を受けており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

潰れかけている椎間板を検査し、損傷部位を描出後にDST(ディスクシール治療)を行い、神経症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔で痛みを取り除いた後に、治療用の管を椎間板まで挿入していきます。
この間はレントゲン透視装置を用いて、管の位置を確認しながら操作していきます。

治療用の管が椎間板まで到達した後は造影検査を行います。
この動画で黒く映ってくる部分が損傷部位であり、DST(ディスクシール治療)を行う部分となります。
治療時間は20分程度であり、治療後は坐骨神経痛の改善とともに歩行距離の伸長が認められました。


院長より一言

本日、DST(ディスクシール治療)を行い1年経過された患者様が来院されました。
73歳の女性ですが、もともと脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で長時間の歩行が困難な方でした。
坐骨神経痛は治療前と比較し、7割程度改善し、日常生活も問題なく送られていたのですが、1月中旬に突然の腰痛が出現したため検査を行いました。
レントゲン検査では、新たに第1腰椎が圧迫骨折しており、MRI検査でも1ヵ月以内の骨折を示唆する所見が得られ、腰痛の原因は圧迫骨折であると判明いたしました。
DST(ディスクシール治療)では骨を強化する事はできません。
骨粗鬆症の治療が必要となりますし、腰痛の原因がそもそも圧迫骨折や骨粗しょう症である事もあります。
腰痛でお悩みの患者様におかれましては、医療機関で検査や診察を受けられることをお勧めいたします。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。