患者様の情報

70代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

令和2年9月頃より腰痛が出現し、今年に入り腰痛発作を繰り返すようになり、4月頃より右の臀部と右足の痛みとしびれが出現し7月頃より歩けなくなり来院されました。
来院時は杖歩行の状態で、ご希望は米作りをしたいとおっしゃっていました。


診察と検査結果

第3腰椎と第4腰椎間の椎間板(L3/4) 第4腰椎と第5腰椎間の椎間板(L4/5) 第5腰椎と第1仙骨間の椎間板(L5/S)の椎間板ヘルニアを認めました。
特にL4/5では写真の様に脊柱管狭窄症を認めます。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
治療中は痛みを感じられなかったので、ご一緒に造影検査から椎間板治療の様子を見ていただきました。

治療中『ここが悪いところやな。』と病気の場所についても十分ご理解いただいておりました。


術後

治療後は1時間で歩行していただきましたが、しびれが10分の1程度まで改善を認め大変満足しておられました。
症状の改善が、お米の収穫に間に合うように一生懸命治療させていただきました。


院長より一言

可能な限りご希望に添った治療を提案させて頂きますが、治療効果が出現するまで数か月かかる場合もあります。
今後も日本および海外の知見を交えてより効果的な治療があれば、率先して研修を行い、皆様にご提供できるように努めてまいります。

※治療効果は個人差があります。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。