患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

令和2年6月頃より、姿勢よく歩くと坐骨神経痛が出現する状態となり、前かがみで歩く様になってしまわれました。
近所の病院を受診されたところ脊柱管狭窄症と診断を受け、ブロック注射と痛み止めの処方が開始されましたが症状の改善が乏しい状態が続くため、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査です。
腰を横から見ており、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間には椎間板と呼ばれるクッションが存在しています。
また脳と足の神経が傍を通っているのですが、このMRI写真では第4と第5腰椎の間で一部神経の圧迫所見が見られ、脊柱管狭窄症と診断されます。


施術内容

PODT法

椎間板の容量は保たれている事もあり、脊柱管狭窄症に対してPODT(経皮的オゾン治療)を行うことになりました。
PODTは椎間板損傷が軽度であるが、脊柱管狭窄症による神経障害性疼痛がある患者に対してEU圏で行われている保険治療です。

一般的にEU圏では患者様は横向きに寝ていただきPODTが行われていますが、当クリニックではこの写真の様にうつ伏せで行っています。
うつ伏せは難易度が上がりますが、アプローチの幅が広く取れる為、広範囲にPODTを行う事が可能となるためです。

すこし見えにくいのですが、白くなっていく部分がPODTによりオゾンが充満している部分となります。
神経部分の癒着部位や炎症部位にまで広く浸潤していきます。
治療時間は15分程度であり、痛みはほとんどありませんでした。


術後

治療後は1時間ベッドでお休みいただき歩行していただきましたが、しびれは4割程度改善を認めました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

先日診療報酬の改定がありましたが、原材料高、燃料、光熱費、人件費等々が高騰している状況からすると、実質大幅なマイナス改定といえます。
欧米ではGDPの約15%が医療費となっていますが、日本ではGDPの7%です。
その為、日本では製薬メーカーや研究機関も資金不足から、新たな新薬や技術革新に対する研究開発が進まない状況です。
この状況は20年以上前より続いており、当院が行っている椎間板治療に関しても海外の治療法が中心となっております。
唯一PLDD(椎間板レーザー減圧術)は1980年代に日本人である丸茂先生が開発された治療であり、材料が国産であることから安価で提供が可能となっていますが、その他の椎間板治療は海外から医療材料を輸入し、治療に関するライセンス獲得が必要となるために高価な治療となっています。
今後、政府が無駄な支出を抑え、少しでも医療費を引き上げれば、結果的に医療技術の向上から国産で安価な良い治療が提供でき、今までとは逆に海外へ医療技術を発信できるのではないでしょうか。
無駄な税金の支出が問題となるニュースが多いので、そのように思う今日この頃です。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。