患者様の情報

20代 男性

病名

  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア(膨隆型)

診察と検査結果

1年以上前より腰痛を自覚されておられましたが、特に前かがみと腰をねじるような動作で腰痛が増悪する傾向にあるとの事でした。
患者様は、遠隔画像相談をご利用いただくことで事前にMRI画像を送って頂き、治療も可能である事をお伝えしておりましたので、当日診察から治療まで1日で完結させる予定をしておりました。

腰を横から見た写真(MRI検査)ですが、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の隙間にはクッションの働きがある椎間板が存在します。
また傍には足の神経が通っております。
この写真では、通常白く映る椎間板が黒く映っている部分が1箇所あります。
黒く映っている椎間板は椎間板変性(Grade I)と言われ、椎間板性腰痛症の原因となります。
椎間板性腰痛症では、前かがみで腰痛が出現しやすい特徴があります。


施術内容

PLDD法

椎間板変性症の原因である椎間板内の圧力上昇に対して、PLDD(椎間板減圧治療)をお勧めし、腰椎L4/5部分1箇所を治療を行いました。
PLDDによる腰痛改善率は、状態にもよりますが84~86%前後となっております。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔のみを用いて治療を行います。
治療時間は15分程度であり、治療中はさほど痛みはございません。

椎間板内をこのようなレーザーを用いて減圧していきます。


術後

2時間程度ベッドでお休みいただき、その後は歩いて帰宅していただきました。
翌日からお仕事も可能である旨ご説明しましたが、ゴルフなどの負担のかかるスポーツに関しては1ヵ月程度はお休みいただければとお伝えいたしました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

遠方よりお越しの患者様におかれましては、当日治療を円滑に行うにあたり事前に画像を送って頂き、治療に関しての事前相談が可能でございます。
もちろん当院でもMRI検査を含めて当日診察から当日治療まで1日で治療を完結する事も出来ますが、治療をご希望される前に治療が可能であるのか? どのような治療が概ね適応になるのか? などに関してご説明が可能となっております。
現在、欧州やアジアを含めた患者様よりの遠隔画像相談は週に3件~4件ほど受け賜っておりますが、日本国内においてもコロナで出歩く事を極力避けたい患者様には、良い方法ではないかと考えます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。