患者様の情報

60代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症

患者様の状態

1年程前より坐骨神経痛が出現し、近くのクリニックにて脊柱管狭窄症及び椎間板ヘルニアと腰椎すべり症と診断されました。
その後リハビリ等の保存的治療を中心に行われるも改善が無いため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI)です。
向かって右側が背中側となります。
腰は小さな骨(腰椎)が縦に並んでできています。
腰椎と腰椎の間には、クッション(椎間板)があり腰椎の負担を軽減してくれています。
また傍には足の神経が通っています。
この写真では椎間板が潰れており、変形を伴っています(椎間板ヘルニア)。
そして神経が圧迫されており、脊柱管狭窄症と言われる状態となっています。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
潰れた椎間板を検査し、治療する事で神経症状の改善を図ります。

治療前にどのように検査と治療を行うか検討しているところです。
その後、DST法(ディスクシール治療)を行いました。


術後

治療後は2時間ほどベッドでお休みいただき、帰宅としております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

COVID‑19が落ち着きましたら、EUへの椎間板治療研修を再開したいと思っています。
新たな椎間板治療の方法や治療成績等も実地にて確認し、患者様への治療に反映できればと考えます。
なんとか来年には……と願っております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。